甲信越の諸藩


東北の諸藩/関東の諸藩/東海の諸藩/甲信越の諸藩/北陸の諸藩/近畿の諸藩/中国の諸藩/四国の諸藩/九州北部の諸藩/九州南部の諸藩




村上藩 譜代
内藤家 5万石
 村上城(地図A)
越後国北部を領有した譜代藩。めまぐるしく藩主家が代わったが、最終的に譜代の内藤家が治めた。佐幕藩として行動し、長州征伐にも兵を派遣した。北越戦争では奥羽越列藩同盟に加入。しかし藩論の統一がなされず、藩主は首を吊って自殺。主戦派の鳥居三十郎は、兵を引き連れて庄内藩へ去り、恭順派の家臣は新政府軍に降服。村上城は炎上した。


黒川藩 譜代
柳沢家 1万石
 黒川陣屋(地図B)
越後国蒲原郡黒川周辺を領有した譜代藩。大和郡山藩の分家柳沢家が支配する。藩領は山地が多く新田開発が不可能であり、実質的な石高は1万石を満たなかった。また、歴代藩主のほとんどは江戸定府のために出費がかさんで、藩は膨大な借金を背負っていた。会津藩の要請で奥羽越列藩同盟にさんかするが、終始消極的な立場に留まり、新発田藩の同盟離脱後、すぐに新政府軍に帰順した。


三日市藩 譜代
柳沢家 1万石
 三日市陣屋(地図C)
越後国蒲原郡三日市周辺を領有した譜代藩。大和郡山藩の分家柳沢家が支配する。藩主の江戸定府にかかる費用がかさみ、慢性的な財政難であった。幕末期には、度重なる出費で、藩政は破綻寸前まで追い込まれていた。新発田藩の同盟離脱後、すぐに新政府軍に帰順した。


新発田藩 外様
溝口家 10万石
 新発田城(地図D)
越後国蒲原郡新発田周辺を領有した外様藩。溝口秀勝を祖とする溝口家が支配した。領地の大部分は、農耕に適さない低湿地帯であったが、藩役人や領民が代々干拓や治水に力を入れ、領内は大穀倉地帯となった。早くから藩論は勤皇にまとまってはいたが、周辺諸国との関係上、やむなく奥羽越列藩同盟に参加。しかし、密かに新政府軍と通じて進軍を助け、新政府軍に合流した。


村松藩 外様
堀家 3万石
 村松城(地図E)
越後国蒲原郡村松周辺を領有した外様藩。堀家が支配した。尊王論が台頭し、尊王攘夷と守旧派が対立し、藩内は大混乱を極めた。第11代藩主堀直賀は、奥羽越列藩同盟に参加して新政府軍と戦闘。村松城は炎上し、堀直賀は米沢藩に逃れる。残った尊皇派は即座に新政府に降伏したため、村松藩は所領を安堵された。


与板藩 譜代
井伊家 2万石
 与板城(地図F)
越後三島郡与板周辺を領有した譜代藩。彦根藩井伊家の嫡流が支配した。本家筋の彦根と共に早くから尊皇に藩論をまとめ、佐幕派の多い近隣諸国とは一線を引いた。北越戦争では、新政府軍に参加したが、藩領が戦場となり城下は混乱。城も消失した。


長岡藩 譜代
牧野家 7万4000石
 長岡城(地図G)
支藩
小諸藩 牧野家 1万石 敦賀陣屋(地図H)
三根山藩 牧野家 1万石 敦賀陣屋(地図I)
越後国中越地方を領有した譜代藩。譜代筆頭牧野家が支配した。幕末期には、河井継之助による藩政改革を実施。農政改革、兵制改革などを進めた。戊辰戦争が始まると、いち早くガトリング砲や、エンフィールド銃、スナイドル銃を購入し軍備を整えた。長岡藩は中立を主張。小千谷の新政府軍本陣で、土佐の軍監岩村精一郎と会談したが、岩村の無思慮な判断によって、長岡藩は奥羽越列藩同盟に参加することとなる。近代的な訓練と最新兵器の武装を施された長岡藩兵は、新政府軍を散々苦しめたが、河井継之助の負傷により戦況は悪化し、長岡藩は陥落した。


椎谷藩 譜代
堀家 1万石
 椎谷陣屋(地図J)
越後国刈羽郡椎谷周辺を領有した譜代藩。旗本出身の堀家が支配した。幕末期には藩主暗殺未遂等、藩政が混乱していたが、北越戦争では早々に新政府軍に恭順した。しかし、水戸藩兵によって城下は戦場となった。椎谷藩は薩長軍の援軍を得て、水戸藩を撃退した。その際、水戸兵によって町は放火され、甚大な被害を受けた。


高田藩 譜代
榊原家 15万石
 高田城(地図K)
越後国上越地方を領有した譜代藩。譜代の名門榊原家が支配した。慶応2年の第二次長州征討では、彦根藩とともに芸州口の先鋒を務めるが、近代装備を備えた長州藩兵に敗れ、開幕以来の徳川家先鋒の面目を失った。戊辰戦争では、曖昧な態度を取っていたが、新政府軍が侵攻してくると、それまで領内にいた旧幕府軍を追放。恭順の姿勢を示した。藩の恭順を拒否した藩士は脱藩し、神木隊を組織し、彰義隊に合流した。


飯山藩 譜代
本多家 4万8000石
 飯山城(地図L)
信濃国北部を領有した譜代藩。本多正信系統の本多家が支配した。第8代藩主本多助成は、城下での新政府軍と古谷佐久左衛門率いる衝鋒隊の戦闘に、新政府側として参加し、衝鋒隊を撃破。しかし、その数ヵ月後、助成は謎の死を遂げる。文武に長け若く将来を有望されていた藩主の死に、毒殺の噂も上がった。


須坂藩 外様
堀家 1万2000石
 須坂陣屋(地図M)
信濃国高井郡の一部を領有した外様藩。堀直政の四男堀直重を祖とする堀家が支配した。第13代藩主堀直虎は、藩政改革や軍制改革を行い、財政再建と洋式軍制導入を行う。大政奉還後、直虎は若年寄兼外国総奉行を命じられ、徳川存続の方策を探り激務をこなした。鳥羽伏見の戦い後、江戸に入り第15代将軍徳川慶喜に何らかの言上した後、江戸城内で自刃した。自刃の理由は諸説ある。その後の戊辰戦争では、政府軍に参加。小藩ながら多数の藩兵を送った。


松代藩 外様
真田家 10万石
 松代城(地図N)
信濃国川中島四郡を領有した外様藩。真田信之を祖とする真田家が支配した。幕末の奇才佐久間象山を輩出。吉田松陰、小林虎三郎、勝海舟、河井継之助、橋本左内など名だたる人材が、象山に学んでいる。象山暗殺後、しばらく佐幕派であったが、第10代藩主真田幸民は、新政府を支持して多くの藩兵を北越や会津に出兵した。


上田藩 譜代
藤井松平家 5万3000石
 上田城(地図O)
信濃国小県郡上田を領有した譜代藩。伊賀守流藤井松平家が支配した。第6代藩主松平忠固は、将軍継嗣問題で南紀派として井伊直弼の大老就任などに尽力した。しかし安政の大獄をめぐり井伊と対立。幕政から罷免された。戊辰戦争では新政府側に与して北越戦争、会津戦争に出兵した。


岩村田藩 譜代
内藤家 1万6000石
 岩村田陣屋(地図P)
信濃国佐久郡や小県郡の一部を領有した譜代藩。内藤家が支配した。佐幕色が強く第6代、7代藩主は、奉行職を歴任した。新政府には近隣他藩より遅れて恭順し、宇都宮の戦いや北越戦争に出兵した。


田野口(龍岡)藩 譜代
大給松平家 1万6000石
 龍岡城(地図Q)
信濃国佐久郡の一部を領有した譜代藩。奥殿から藩庁を移転した大給松平家が支配した。洋式の近代城郭の築城を開始し、龍岡城と名づけた。これは箱館五稜郭と同じ五芒星形の西洋式城郭であったが、完成前に明治維新を迎える。藩主松平乗謨は、陸軍総裁を勤めフランス式の軍制を導入する。鳥羽伏見の戦い後に、幕府と決別して新政府に恭順。


松本藩 譜代
戸田松平家 6万石
 松本城(地図R)
信濃国中部を領有した譜代藩。戸田松平家が支配した。天狗党の乱では、幕府方として出兵し、天狗党と戦うが敗北している。また、2回にわたる長州征伐にも後詰として参加。戦闘には至っていないが、度重なる出兵で藩財政は貧窮した。戊辰戦争において佐幕、勤皇で藩論がまとまらなかったが、新政府軍が松本に進行するにあたって恭順。宇都宮、北越、会津の各地を転戦した。
ブログ記事→長野県松本市 松本城


高島藩 譜代
諏訪家 2万7000石
 高島城(地図S)
信濃国諏訪郡周辺を領有した譜代藩。諏訪神社の大祝である名門諏訪家が支配した。天狗党の乱では、幕府方として松本藩兵と共闘し、天狗党と戦うが敗北している。戊辰戦争が始まると、新政府軍に恭順し、甲州勝沼の戦いや北越戦争、会津戦争に参戦した。


高遠藩 譜代
内藤家 3万3000石
 高遠城(地図T)
信濃国南部を領有した譜代藩。旗本出身の内藤家が支配した。天狗党の乱では、幕府方として松本藩兵と共闘し、天狗党と戦うが敗北している。戊辰戦争が始まると、新政府軍に恭順し、甲州勝沼の戦いや北越戦争、会津戦争に参戦した。第7代藩主内藤頼寧は博学多彩で、藩政改革に手腕を発揮。産業奨励、学問の奨励、新田開発等を推進した。第8代藩主内藤頼直は、天狗党鎮圧や長州征伐に参加。戊辰戦争がおこると新政府軍に与し、北越戦争や会津戦争に参戦した。


飯田藩 外様
堀家 2万石
 飯田城(地図U)
信濃国伊那郡の一部を領有した外様藩。堀親良を祖とする堀家が支配した。天狗党の領内に侵入において、攻撃を加えずそのまま通過させてしまったため、幕府より厳封処分を受けた。第11代藩主堀親義は、京都見廻役に就任し、京都の治安維持に務める。戊辰戦争では、新政府軍侵攻前に恭順し、北越や甲州に出兵した。


東北の諸藩/関東の諸藩/東海の諸藩/甲信越の諸藩/北陸の諸藩/近畿の諸藩/中国の諸藩/四国の諸藩/九州北部の諸藩/九州南部の諸藩

トップページへ