-晋作の愛した下関-  唐戸

高杉晋作像/晋作が愛した下関(彦島/下関駅周辺/唐戸/長府/吉田/その他)/晋作が生まれ育った萩/新しい政治拠点山口/その他

唐戸は明治以降の地名で江戸時代は赤間関と呼ばれていました。北前船の寄港地として賑わい、また、陸上交通では山陽道の起終点となっていました。また朝鮮使節を迎える瀬戸内海航路の玄関でもありました。赤間関には御用所や目代所が設けられ、御用所には赤間関在番が長府藩から派遣されました。赤間関は山陽道、山陰道の合流点で、殊に堂崎は山陽道の基点で九州への渡し場もあり、長府藩の津口の番所が置かれ、旅行者の取り調べを行っていました。また、稲荷町や裏町といった格式の高い花街は、江戸の吉原、京都の島原、大阪の新町と並び賞されるほど、広くその名を知られていました。坂本龍馬・中岡慎太郎等もこの街の常連で、高杉晋作の愛人であったうのや、伊藤博文、山縣有朋、井上馨の夫人は稲荷や裏町の出身でした。



唐戸
※地図は「Yafoo!Japan地図」をPrtScして作成しています。
当時の海岸線(管理人が推定したもの)を薄青にて表示しています。

真木菊四郎殉難之地
尊皇攘夷運動の指導者で、久留米水天宮の宮司真木和泉の四男真木菊四郎は、父に従い尊攘活動を展開するが、禁門の変で父を失います。下関に落ち延びた後、薩長同盟の実現のために奔走しますが、薩長同盟を阻止しようとする池内蔵太に暗殺されました。功徳院に登る石段の下に石碑があります
場所:下関市岬之町6

ブログ記事→真木菊四郎殉難之地

馬関越荷方役所跡
越荷とは、越後などから北前船で運ばれる積荷の事で、地方の特産品などを大坂や各地に運ぶ北前船は莫大な収益を生んでいました。。長州藩はここに役所を設置し、積荷を担保に保管業、販売業、金融業などを経営し、有事に備えた財源を確保します。高杉晋作は慶応元年、馬関越荷方頭人に任命されました。現在は石碑と説明板が建てられています。
場所:下関市南部町17
ブログ記事→馬関越荷方役所跡と本陣佐甲邸跡と紅屋跡

本陣佐甲邸跡
本陣は参勤交代などで大名の宿泊に指定された宿で、その地元の有力者の邸宅が指定されました。馬関はその地理的性質上、ほとんどの九州の大名が通る為、本陣は二つもありました。それぞれ「西の本陣」「東の本陣」と呼ばれ、大年寄佐甲三郎左衛門の佐甲家は「西の本陣」です。島津久光やシーボルトも宿泊した記録がありますが、残念ながら現在はマンションが建っており、碑や説明板は一切ありません。
場所:下関市南部町20-20

ブログ記事→馬関越荷方役所跡と本陣佐甲邸跡と紅屋跡

紅屋跡
金子みすゞ顕彰碑のある寿公園あたりに、料亭「紅屋」がありました。ここは京都から長州に来た幾松が滞在し、晋作とおうのが滞在し、伊藤俊輔と梅子が潜伏した場所です。残念ながら金子みすゞ顕彰碑以外の碑は建てられていません。
場所:下関市南部町7

ブログ記事→馬関越荷方役所跡と本陣佐甲邸跡と紅屋跡

入江和作旧宅跡
酢の醸造を生業とした奈良屋の入江和作は、尊皇商人として志士たちを支援しました。特に高杉晋作を献身的に惚れ込んで、うのの身請け金を用意したり、高杉晋作が四国に亡命する際の旅費なども援助しました。功山寺挙兵の際には、軍資金を提供。軍事クーデター成功に貢献しました。奈良屋には坂本龍馬や野村東望尼も滞在しました。残念ながら現在は、説明版がその場所を教えるのみとなっています
場所:下関市上新地町2丁目6−22

教法寺
長州藩士から成る正規部隊である撰鋒隊の宿舎とされた本願寺派の寺院です。撰鋒隊は壇ノ浦砲台を担当しており、前田砲台を担当する奇兵隊と対立していました。そしてとうとう奇兵隊士数十人が教法寺に押し寄せ、病臥中の隊士を斬殺してしまいます。撰鋒隊はその報復に、奇兵隊の用人のを殺害します。事態を重く見た藩は、奇兵隊士宮城彦輔を教法寺にて切腹させます。そして総督であった高杉晋作も責任を取らされ罷免されてしまいました。
場所:下関市赤間町3-16

本行寺
「ふく供養の寺」としても知られる本行寺には、攘夷戦や小倉戦争の戦死者が眠る「戦死之塚」があり、奇兵隊の小隊長山田鵬輔(赤坂で戦死)や、その首を切り落とした隊士阿部宗兵衛(その後負傷し死亡)の墓もあります。
場所:下関市赤間町3-12

稲荷町
壇の浦で敗れた平家の女官が、生活のために春をひさいだのが稲荷町遊郭の始まりだそうです。その為、他の遊郭街と比べて稲荷町は格式が高いとされていました。その中で最大の妓楼であった「大阪屋」は三階建ての豪華な店構えで、歌舞伎舞台も店内に備えており、その舞台は江戸の湯島芝居よりも広かったと記されています。空襲によって失われた後は「東京第一ホテル下関」が建ち、大阪屋跡地という由緒を紹介してます。
場所:下関市赤間町5(6)
ブログ記事→末廣稲荷神社

亀山八幡宮
「関の氏神」として古くから赤間関の人々に親しまれる亀山八幡宮。ここの境内に設置された亀山砲台から発射された砲撃により下関戦争がはじまります。
長府藩藩主毛利元周は、ここで夷賊降伏を祈願しました。境内に店を出していた茶屋で働いていた木田梅子が、長府藩に追われていた伊藤俊輔を助けたとされる「お亀茶屋」の跡もあります。
場所:下関市中之町1-1
ブログ記事→亀山八幡宮

引接寺
忠誉一徳上人が門司より移転させたのが始まりの引接寺は、小早川隆景の菩提寺となりました。朝鮮通信使の宿泊施設としても利用され、日清戦争の講和条約の際には、李鴻章の宿泊所でもありました。ここには入江和作や伊藤助太夫の墓があります。
場所:下関市中之町11-9

真木菊四郎・白石正一郎墓所
生前の遺言により、真木菊四郎は赤間神宮裏手の紅石山に葬られました。赤間神宮の2代目宮司になった白石正一郎の墓も隣にあります。ここへは赤間神宮から行く方法と、藤原義江記念館から行く方法がありますが、後者から行く方が楽です。
場所:下関市中之町11-9

ブログ記事→真木菊四郎・白石正一郎の奥都城

本陣伊藤邸跡
大名の宿となる本陣をつとめる伊藤家の幕末の当主伊藤助太夫は、シーボルトや坂本龍馬との親交があつく、龍馬の下関での止宿先でもありました。龍馬が暗殺された時、お龍はここに滞在していました。現在は戦災で建物は焼けて碑があるのみです。
場所:下関市阿弥陀寺町5

赤間神宮
赤間神宮は平家とともに関門の海底に沈んだ安徳天皇を祭神とします。境内には平家一門の墓や、耳なし芳一像など平家ゆかりの地として知られています。奇兵隊は関門海峡防備の為に、ここを本営としました。また白石正一郎は維新後、ここの二代目宮司となりました。
場所:下関市阿弥陀寺町4-1

極楽寺
赤間神宮の隣に建つ極楽寺は、シーボルトの江戸参府紀行に「極楽寺即ち極楽浄土の寺」と紹介されています。赤間神宮を本営としていた奇兵隊ですが、次第に手狭になりこの極楽寺も宿舎として使用することになりました。
場所:下関市阿弥陀寺町3-6




彦島 / 下関駅周辺 / 唐戸周辺 / 長府 / 吉田 / その他

-晋作の愛した下関-に戻る

トップページへ