九州南部の諸藩


東北の諸藩/関東の諸藩/東海の諸藩/甲信越の諸藩/北陸の諸藩/近畿の諸藩/中国の諸藩/四国の諸藩/九州北部の諸藩/九州南部の諸藩




薩摩藩
 外様
島津家 77万石+琉球9万石 鶴丸城(地図A)
支藩
佐土原藩 島津家 
5万石 佐土原城(地図B)
加賀藩に次ぐ大藩で、薩摩、大隅の2国及び日向国諸県郡の大部分を領有した外様藩。幕政に影響を与えるほどの政治力を持っており、外様大名から唯一将軍正室を輩出している。第11代藩主島津斉彬は、洋式軍備や藩営工場の設立を推進。斉彬の死後は、第12代藩主島津忠義の実父島津久光が実権を握り、公武合体派として雄藩連合の実現を目指すが、西郷隆盛ら倒幕派に藩の主導権が移り、長州藩と同盟を結んで明治維新の原動力となった。
薩摩藩のページへ
ブログ記事→鹿児島県鹿児島市 市内中心部


熊本藩 外様
細川家 54万石
 熊本城(地図C)
支藩
熊本新田(高瀬)藩 細川家 3万5千石
         江戸定府→高瀬陣屋(地図D)
宇土藩 細川家 3万石 宇土陣屋(地図E)
肥後国の大部分と豊後の一部を領有した外様藩。熊本城は加藤清正が築城した名城として名高い。加藤家断絶後、細川忠利が入封。江戸時代を通じて百姓一揆が無く、農民は豊かで領地の治世は良かったが、藩の財政は困窮していた。横井小楠や宮部鼎蔵等を輩出するが、横井は福井藩に政治顧問として移り、宮部も池田屋事件で倒死し、藩論を統一させることができず、維新に貢献することは出来なかった。明治10年の西南戦争では、西郷軍の猛攻を防ぎ、天下の名城を世に知らさしめた。


延岡藩 譜代
内藤家 7万石
 延岡城(地図F)
日向国北部を領有した藩。7代藩主内藤政義は井伊直弼の実弟である。佐幕色が強く、鳥羽伏見の戦いでも、少数ながら幕府軍として参加した。鳥羽伏見の戦いの決着後は、8代藩主内藤政挙が上京し謹慎。新政府軍の一員として、甲州や江戸に169名を派遣した。


人吉藩 外様
相良家 2万2000石
 人吉城(地図G)
肥後国南部球磨地方を領有した藩。鎌倉時代より続く名門相良家が治める。文久2年に起きた寅助火事と呼ばれる大火にみまわれる。軍制改革に伴い、洋式を推奨する佐幕派と山鹿流を守ろうとする勤王派の間で丑歳騒動と呼ばれる対立が起こった。結局は薩摩藩のテコ入れにより、勤王派が勝利するが、軍制はイギリス式が導入された。


高鍋藩 外様
秋月家 2万7000石
 高鍋城(地図H)
日向国の一部を領有した藩。藩士教育に熱心で、江戸中期より藩校明倫堂を開いた。戊辰戦争では、新政府軍の一員として参加。上野戦争や会津戦争に343名を派遣した。名君として有名な米沢藩主上杉鷹山は秋月家の出身である。


飫肥藩 外様
伊東家 5万1000石
 飫肥城(地図I)
日向国南部を領有した藩。幕末には極度の財政難となり、藩士の家禄を1/3に減じ、さらに倹約令まで出した。隣国の薩摩藩の勧めで官軍に恭順を表明し、二条城や甲府城の警護を命じられた。戊辰戦争では越後まで出兵したが、戦闘には至らなかった。


島原藩
 譜代
深溝松平家 6万5000石
 島原城(地図J)
肥前国島原地方を領有した藩。第8代藩主松平忠和は、一橋慶喜の実弟であったため佐幕派であった。しかし、一部の尊皇攘夷派藩士は、藩内でテロ行為を行い藩は混乱したが、過激な行動は周囲からの支持を得られずに次第に沈静化した。鳥羽伏見の戦い後、新政府軍に恭順。北越戦争などに兵を派遣した。


大村藩
 外様
大村家 2万7000石
 玖島城(地図K)
肥前国彼杵地方を領有した藩。大村家が支配するこの藩は、古来よりの領地のまま明治維新を迎えた極めて稀な藩である。幕末期には佐幕派と勤皇派に別れた抗争で、勤皇派の盟主松林飯山が暗殺され、家老の針尾九左衛門が重症を負った。この事件の責任が追求されて佐幕派の大粛清が行われ、藩論は倒幕に統一された。以後、薩長と連携し小藩ながら倒幕に貢献。戦後の論功行賞では、3万石の賞典録を賜った。これは薩長土に次ぐものであった。




東北の諸藩/関東の諸藩/東海の諸藩/甲信越の諸藩/北陸の諸藩/近畿の諸藩/中国の諸藩/四国の諸藩/九州北部の諸藩/九州南部の諸藩

トップページへ