九州北部の諸藩


東北の諸藩/関東の諸藩/東海の諸藩/甲信越の諸藩/北陸の諸藩/近畿の諸藩/中国の諸藩/四国の諸藩/九州北部の諸藩/九州南部の諸藩



佐賀(肥前)藩 外様
鍋島家 35万7000石
 佐賀城(地図A)
支藩
蓮池藩 鍋島家 5万2千石 蓮池陣屋(地図B)
小城藩 鍋島家 7万3千石 小城陣屋(地図C)
鹿島藩 鍋島家 2万石    鹿島城(地図D)
肥前国の大分部を領有した外様藩。「武士道とは死ぬ事と見つけたり」で知られる葉隠武士の精神から、第10代藩主鍋島直正の時代には、西洋技術を積極的に取り入れた近代藩へと進化し、日本有数の軍事力と技術力を持つに至る。藩士らに他藩士との交流を禁じ、「鎖国藩」とも呼ばれ、中央政局に対しては大政奉還まで静観を続けた。しかしその軍事力、技術力で新政府に大きく貢献し、政府にも人材を多く派遣した。
佐賀藩のページへ
ブログ記事→佐賀県佐賀市 佐賀城本丸御殿

福岡藩 外様
黒田家 47万3000石
 福岡城(地図E)
支藩
秋月藩 黒田家 5万石 秋月陣屋(地図F)
筑前国のほぼ全域を領有した外様藩。黒田長政を祖とする黒田家が支配する。第11代藩主黒田斉溥は、西洋技術を積極的に取り入れ、精錬所や反射炉の建設、蒸気機関の製作、医術学校の建設や種痘の実施、炭鉱の開発を推進。尊皇攘夷運動が盛んに行われ、平野国臣、月形洗蔵などの諸藩に知られた尊攘志士を輩出したが、乙丑の獄により多くの人材を失うこととなる。
福岡藩のページへ


小倉藩→香春藩→豊津藩 譜代
小笠原家 15万石
 小倉城(地図G)
支藩
小倉新田藩 小笠原家 1万石 江戸定府(地図H)
豊前国北部を領有した譜代藩。対岸の長州藩同様、関門海峡沿岸に砲台を築き海防強化を図るが、長州藩の外国船砲撃には同調せず、譜代藩として幕府の意向に従った。慶応元年の第二次長州征討では、小倉口の先鋒として参戦。長州軍の領内侵攻を許し、他の幕府勢が積極的に戦闘に参加しない中、領内で長州勢を迎え撃つ。小倉口総督小笠原長行が戦線を勝手に離脱してしまったため、幕府方諸藩も撤兵。孤立した小倉藩は小倉城を自焼させ、田川郡香春に撤退して遊撃戦を挑み、長州勢に対抗するが次第に圧迫されて降服した。慶応3年、藩庁を正式に香春へ移転して香春藩を立藩。その後の明治2年、豊津に藩庁を移し豊津藩となった。
ブログ記事→福岡県田川郡 香春藩 〜小倉戦争後の小倉藩
      福岡県京都郡 小笠原神社〜豊津陣屋跡


中津藩 譜代
奥平家 10万石
 中津城(地図I)
豊前国下毛郡中津周辺を領有した譜代藩。享保2年より奥平家が支配した。第8代藩主奥平昌服は鎖国攘夷の考えを持っていたが、譜代の名門として幕府に従い、長州征伐にも参加している。その後の鳥羽伏見の戦いで新政府が勝利すると、新政府への恭順を示し会津戦争等に兵を派遣した。福沢諭吉は中津藩出身である。


日出藩 外様
木下家 2万5000石
 日出城(地図J)
豊後国速水郡にあった外様藩。豊臣秀吉の正室寧々の甥木下延俊を藩祖とする木下家が支配した。藩内は佐幕派と尊皇派に分裂して対立が起こったが、第16代藩主木下俊愿は藩論を尊皇派にまとめた。明治元年には、足守藩とともに豊国神社造営を提案し許された。長府の支藩清末藩の藩主毛利元純は、14代、15代、16代藩主と兄弟である。
ブログ記事→大分県日出町 日出城跡


杵築藩 譜代
能見松平家 2万3000石
 杵築城(地図K)
豊後国国東郡及び速見郡の一部を領有した譜代藩。能見松平家が支配した。平地の少ない領地であったため、新田開発や工芸、藺草の栽培を奨励している。第9代藩主松平親良は、幕政に参加。佐幕の姿勢をとり、第二次長州征伐にも幕府勢として参加している。その後、尊皇派と佐幕派が対立して藩論がまとまらず、新政府への恭順が遅くなった。第10代藩主松平親貴は新政府軍に参加して、会津戦争等に兵を派遣した。
ブログ記事→大分県杵築市 杵築藩城下町

森藩 外様
久留島家 1万2000石
 森陣屋(地図L)
豊後国日田郡、玖珠郡、速見郡に領地を持つ外様藩。村上水軍の流れを汲む久留島家が支配した。藩論は早くから勤皇に統一され、隣国の府内藩等に勤皇に踏み切るよう説得を試みている。慶応4年には、天領代官所の西国筋郡代代官所を接収。新政府に警備を任された。

府内藩 譜代
大給松平家 2万1000石
 府内城(地図M)
豊後国大分郡府内周辺を領有した譜代藩。大給松平家が支配した。第10代藩主松平近説は、桑名藩出身で、先代藩主の急死に伴い末期養子として急遽藩主となっている。近説は若年寄などの幕府要職を歴任し、幕府の長州征伐にも参加。江戸勤務で国許を離れている間に、勤皇派が藩内で力を持って藩論をまとめ藩主に対抗。慶応4年に若年寄を辞職して、新政府に恭順した。
ブログ記事→大分県大分市 府内城

臼杵藩 外様
稲葉家 5万石
 臼杵城(地図N)
豊後国海部郡、大野郡周辺を領有した外様藩。稲葉一鉄の子稲葉貞通を藩祖とした。江戸時代中期以降に藩財政は逼迫し、天保元年頃には30万両の借金を作っていた。この状況を憂いた家老村瀬通吉は、徹底した緊縮財政と新田開発、借財の踏み倒しや返済期間猶予の交渉を行うなどの改革を行って財政を好転させる。幕末期には藩論を定めず中立の立場をとり、時勢を見ていち早く恭順の意を示した。

岡藩 外様
中川家 7万石
 岡城(地図O)
豊前国南部を領有した外様藩。豊臣秀吉と義兄弟の契りを結んだ中川清秀の次男中川秀成を祖とする中川家が支配した。藩内は勤皇勢力が多かったが、第12代藩主中川久昭は親幕府の藤堂家から養子であったため、勤皇勢力を一掃する「岡藩七人衆の変」をおこしている。領内での大火や風雨などの災害が相次ぎ、財政が逼迫していたため、戊辰戦争では7万石の藩ながら少数の兵しか送ることが出来なかった。

佐伯藩 外様
毛利家 2万石
 佐伯城(地図P)
豊前国海部郡の一部を領有した外様藩。毛利家が支配するが、長州藩の毛利家とは続柄上関係はない。藩祖である森高政が、羽柴秀吉の人質として毛利輝元に送られた際、輝元に気に入られた縁で毛利姓を名乗ったと伝えられる。第12代藩主毛利高謙は、勤皇派として早くから朝廷に接近。孝明天皇にも拝謁もして、特産の和紙を献上するなど気脈を通じていた。鳥羽伏見の戦いの後に、新政府軍に恭順しているが、戊辰戦争への出兵の記録はない。

久留米藩 外様
有馬家 21万石
 久留米城(地図Q)
筑後国北部を領有した外様藩。摂津有馬家が支配した。藩士真木和泉は藩政改革を企てるが失敗。蟄居を命じられるが、後に脱出。諸国の志士から今楠公と呼ばれ、その中心的指導者となった。長州藩と共に行動し、禁門の変で自刃した。藩内では権力闘争により優秀な人材を消費。佐幕派が実権を握って開明路線をとり、諸藩でも有数の海軍を創設した。慶応4年、大政奉還を受ける形で尊王攘夷派が復権し、佐幕派を排除した。
ブログ記事→
福岡県久留米市 篠山神社

柳河藩 外様
立花家 10万9000石
 柳河城(地図R)
筑後国南部を領有した外様藩。かつては筑後全域を支配する大藩であったが、のちに久留米藩の成立により筑後南部のみを領有する中藩となった。幕末には財政再建と軍備増強を主軸とした藩政改革を行ない、産業奨励のために物産会所を設置。軍事においては洋式銃の導入などに努め、長州征伐には幕府方として参加した。大政奉還に伴い、新政府に恭順。戊辰戦争を転戦。磐城平城攻防戦等で活躍した。


唐津藩
 譜代
小笠原家 6万石
 唐津城(地図S)
肥前国唐津郡を領有した譜代藩。藩主家が数度変わり、期間による藩主家の支配が無かった土地柄であったが、最終的に小笠原家が明治維新を迎える。最後の藩主小笠原長行は、老中と外国事務総裁を兼任して幕政を担った。戊辰戦争でも幕府に忠誠を尽くし、箱館戦争まで旧政府軍と戦った。しかし、長行が戊辰戦争を戦っている間に、唐津本国は新政府軍に降服。前代藩主小笠原長国は長行を絶縁。このため、長行を藩主としない史料もある。


平戸藩
 外様
松浦家 6万1000石
 平戸城(地図T)
支藩
平戸新田藩 松浦家 1万石 館山陣屋(地図U)
肥前国松浦郡と壱岐島を領有した外様藩。戦国時代より松浦家が支配した。江戸時代初期には藩内にオランダ商館が建設され、鎖国政策に伴う出島への移転まで貿易が行われた。第二次長州征伐後に藩論が勤皇に移行し、官軍への参加を表明。軍制を洋式化して戊辰戦争に出兵した。茶道の鎮信流は、平戸藩より伝えらえたものである。
ブログ記事→長崎県平戸市 平戸城


対馬藩
 外様
宗家 10万石(格)
 桟原城(地図V)
対馬国全土を領有した外様藩。幕府の鎖国体制の中、朝鮮通信使を迎えるなど日朝外交の窓口として重要視された。万延2年、ロシア軍艦ポサドニック号が浅茅湾に投錨し、芋崎を占拠し、兵舎・工場・練兵場などを建設して半年余にわたって滞留して第15代藩主宗義和に土地の貸与を求めた。対馬藩は対応に苦慮し幕府に対応を求めたが、外国奉行小栗忠順の派遣も虚しく解決には至らなかった。その後、イギリスの干渉でポサドニック号は退去した。藩論は佐幕派と攘夷派の激しい抗争が繰り返され、暗殺や投獄が繰り返された。


福江藩
 外様
五島家 1万5000石
 石田城(地図W)
五島列島全域を領有した外様藩。五島家が支配した。三年奉公などの制度がおよそ100年間続き、領民はこの悪制に苦しんだ。藩論は勤皇に統一され、尊王攘夷運動に積極的に参加した。また慶応2年には、亀山社中のワイルウェフ号が遭難し、隊士ら12人が溺死するという事故が起こった。
ブログ記事→長崎県五島市福江 福江藩石田城


三池藩
 外様
立花家 1万石
 三池陣屋(地図X)
筑後国三池郡を領有した外様藩。柳川藩祖立花宗茂の弟高橋(立花)直次の系譜である三池立花家が支配した。江戸時代中期に、陸奥国下手渡に領地代えされ、以後は下手渡に藩庁を置く。嘉永3年、立花種恭の時代に旧領回復が成され、三池陣屋の再整備の取り掛かるが、下手渡と三池という離れた場所に藩士が分かれた為、戊辰戦争では下手渡側の藩士が奥羽越列藩同盟に参加し、三池側の藩士が新政府の恭順するという矛盾行為をする事となる。このことにより、仙台藩から下手渡陣屋を攻められ藩庁を失い、明治元年に正式に三池藩を藩庁とした。
ブログ記事→福岡県大牟田市 三池陣屋



東北の諸藩/関東の諸藩/東海の諸藩/甲信越の諸藩/北陸の諸藩/近畿の諸藩/中国の諸藩/四国の諸藩/九州北部の諸藩/九州南部の諸藩

トップページへ