御三卿・幕府直轄の城


御三卿


田安徳川家 御三卿
10万石
 江戸城内田安邸
第8代将軍徳川吉宗の次男徳川宗武を家祖とし、徳川将軍家に後嗣がないときは御三卿の他の2家とともに後嗣を出す資格を有する。宗武の血は2代で途切れ、一橋から養子を貰い受けた。親藩に多くの養子を出すが、将軍家後嗣を出すことはなく、維新後に7代当主徳川家達が、徳川宗家を継ぐことになった。尾張藩13代藩主徳川慶臧や、福井藩14代藩主松平春嶽は、田安家の出身である。


一橋徳川家 御三卿
10万石
 江戸城内一橋邸

第8代将軍徳川吉宗のの4男徳川宗尹を家祖とし、徳川将軍家に後嗣がないときは御三卿の他の2家とともに後嗣を出す資格を有する。初代当主宗尹の子孫の血が多くの親藩大名や御三卿に入り、18世紀以降の水戸徳川家以外の徳川・松平家はほとんど一橋家の血が入っていると言えた。一橋家は御三卿の中で唯一将軍を排出した家であった。第11代将軍徳川家斉と第15代将軍徳川慶喜が一橋家の出身である。ちなみに将軍となった慶喜は水戸徳川家出身で、一橋の血は入っていない。


清水徳川家 御三卿
10万石
 江戸城内清水邸

第9代将軍徳川家重の次男重好を家祖とし、徳川将軍家に後嗣がないときは御三卿の他の2家とともに後嗣を出す資格を有する。実子のなかった初代徳川重好以来、御三家に転出した当主が相次ぎ一時的な断絶を繰り返す。幕末は20年ほど空席であったが、一橋慶喜の弟で水戸徳川家出身の徳川昭武が入る。昭武は明治維新の直前にヨーロッパへ派遣され、ナポレオン3世に謁見してパリ万国博覧会を訪問するなど欧州外交に努めた。帰国後、に水戸家の家督を継いだため、清水家は再び当主不在となった。


城郭


江戸城(千代田城、江城)
幕府本拠 武蔵国 輪郭式平山城

長禄元年、上杉持朝の家臣太田道灌が築城。天正18年、領地を三河から関東へ移封された徳川家康が入城。その後、大規模な改築を行い徳川家の本拠となる。徳川幕府設立後も本拠として以後200年以上にわたり中枢として機能した。明暦3年の明暦の大火により、天守閣を焼失。以後、天守は再建されていない。慶応4年、勝・西郷会談により新政府に明け渡された。


五稜郭(箱館御役所、柳野城)
箱館奉行 蝦夷地 
稜堡式城郭

嘉永7年の日米和親条約締結による箱館開港に伴い、防衛力の強化と役所の移転のため、武田斐三郎の設計により建築される。欧米の稜堡式の築城様式を採用し、堡を星型に配置した。明治元年に旧幕府軍が占拠し、箱館政権を樹立。蝦夷共和国の本拠地となった。明治2年、箱館戦争終結に伴い開城した。



甲府城
甲府城代
 甲斐国 梯郭式平山城
武田氏の本拠地であった甲府は、江戸時代は一次期甲府藩が置かれたが、ほとんどの時期は幕府直轄領であった。甲斐国の経済的中心地として機能し、譜代藩主を甲府城代として任命した。鳥羽伏見の戦いに敗れた新選組の近藤は、甲陽鎮撫隊を率いて甲府城を目指すが、板垣退助率いる新政府軍の先鋒総督府に先に入城を許してしまう。


駿府城
駿府城代
 駿河国 輪郭式平城
戦国時代、今川家や武田家に支配されていた地に、徳川家康が居城として駿府城を築城。徳川家康の関東移封に伴い一時徳川家の手から離れるが、徳川幕府の設立後、大御所となって隠居した家康の居城となった。以後、駿府藩として譜代の内藤家や親藩が城主となったが、寛永10年より幕府直轄となり、大身旗本が駿府城代として赴任した。幕府崩壊後は、徳川宗家が入城し、静岡藩が立藩した。


二条城
二条定番 
山城国 輪郭式平城
慶長6年、 関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康は上洛時の宿所として築城開始。慶長8年に完成し、重臣や公家衆を招いて将軍就任の祝賀の儀を行った。寛永11年、第3代将軍徳川家光が上洛して入城。以後、幕末まで230年間、将軍は入城していない。二条城には、二条城代と二条在番が置かれ、幕末の文久2年には、常勤制の二条定番が設置された。慶応3年、第15代将軍徳川慶喜は、二条城にて大政奉還を宣言した。


大坂城
大坂城代
 摂津国 輪郭式平城
大坂夏の陣によって灰燼した大坂城は、第2代将軍徳川秀忠によって再建が始められ、3期にわたる工事を経て寛永6年に完成。幕府直轄として城主は将軍自身であり、譜代大名から選ばれる大坂城代が預かった。寛文5年には落雷によって天守を焼失し、以後は天守は再建されなかった。長州征伐では、幕府軍の本陣として機能し、大政奉還後は、二条城から第15代将軍徳川慶喜が居城としたが、鳥羽伏見の戦いでの敗戦後、江戸へ退却した。その後、新政府軍に開け渡された。


幕閣・幕政の主な役職


征夷大将軍・正二位内大臣兼右大将
資格:徳川宗家の当主
260余りの武家大名と主従関係を結び、彼らを統率する幕府最高位。

大老
将軍直属
資格:井伊・酒井・土井・堀田の4家(大老四家)
将軍の補佐役として、臨時に老中の上に置かれた最高職。重要な政策の決定にのみ関与し、評定所への出勤や月番などの日常業務は免除される。

老中
将軍直属
資格:通常5万石以上の譜代大名
国政を統轄する常置の職。大目付・町奉行・遠国奉行・駿府城代などを指揮監督し、朝廷・公家・大名・寺社に関する事柄、知行割りについてなどを統轄した。

御側御用人
将軍直属
資格:1万石以上の譜代大名
将軍の側近として、将軍の命令を老中らに伝える役目を担う。

御側御用取次
将軍直属
資格:2千石以上旗本
将軍と老中以下の諸役人との取次役、目安箱の取り扱いや御庭番の管理などを行う。

京都所司代
将軍直属
資格:3万石以上の譜代大名
京都の制圧、朝廷・公家の監察、西日本諸大名の監視、五畿内及び近江、丹波、播磨の8カ国の民政を総括した。

大坂城代
将軍直属
資格:1万石以上の譜代大名
西国大名の監視および城の警護を担当する。

駿府城代
老中支配
資格:2千石以上旗本
駿府城に駐在し警護を総監する。

若年寄
将軍直属
資格:1万石以上の譜代大名
旗本や御家人の支配を徳川家の家政を担当する。

奏者番
将軍直属
資格:1万石以上の譜代大名
江戸城中における武家の礼式を管理し、大名の献上品の内容を確認して将軍に報告し、将軍が下賜を行う際にその伝達にあたる。

寺社奉行
将軍直属
資格:1万石以上の譜代大名
全国の社寺や僧職・神職を統制し、門前町民や寺社領民、修験者や陰陽師らの民間宗教者、さらに連歌師などの芸能民らも管轄する。

勘定奉行
老中支配
資格:2千石以上旗本
財政や幕府直轄領、郡代・代官・蔵奉行などを支配する勘定方の最高責任者。

町奉行
老中支配
資格:2千石以上旗本
江戸の取締・裁判・訴訟・防災など司法権全般を司る。2ヶ所の奉行所があり、北町奉行、南町奉行の2名が置かれた。

遠国奉行
老中支配
資格:1千石以上旗本(伏見奉行は1万石以上の譜代大名)
幕府直轄領の要地に置かれた奉行所の責任者。その土地の政務全般をとり扱う。



幕末に新設された役職


将軍後見職
就任者:田安慶頼、一橋慶喜
幼少の将軍の後見し、将軍の代理を行う。

政事総裁職 就任者:松平春嶽、松平直克
大老と同様の職務。朝廷が幕府に松平春嶽の大老就任の圧力をかけるが、親藩大名が大老に就任する先例がないために、新しく新設された。

京都守護職 就任者:松平容保、松平春嶽
京都市中の治安維持及び御所や二条城の警備などを担う。京都所司代・京都町奉行・京都見廻役を傘下にする。

国内事務総裁職 就任者:稲葉正邦
老中に相当する職。大名・寺社に関する事柄などの内政を担当する。

外国事務総裁職 就任者:小笠原長行、山口直毅、河津祐邦
老中に相当する職。外国との交渉などの外務を担当する。

軍事総裁職 就任者:松平容保
老中に相当する職。軍事全般を担当する。

会計総裁職 就任者:板倉勝静、松平康英、立花種恭、大久保忠寛、山口直毅
老中に相当する職。幕府直轄領、郡代・代官・蔵奉行などの財務を担当する。

海軍総裁 就任者:蜂須賀斉裕、稲葉正巳、矢田掘景蔵
幕府海軍の最高職。

陸軍総裁 就任者:蜂須賀斉裕、松平乗謨、勝海舟
幕府陸軍の最高職。







トップページへ